安いのはどうして?

- 安いのはどうして?

安いのはどうして?

国内のチケットをなるべく安く手に入れたいとして格安航空券を購入したいと思っている方も多いものですが、航空会社で問い合わせても販売している様子がない。格安な航空券はどこで手に入れられるのかと思っている方も多いもの。ここではローコストな航空チケットを手に入れる方法を紹介します。

どうして安く提供できるのか?

まずローコストな航空チケットを手に入れたいなら国内に存在している旅行代理店を訪れましょう。ローコスト航空チケットは、そもそもが旅行会社のツアーパッケージ用などに航空会社が卸した航空チケットだからです。

航空会社からしてみると、一定数の航空チケットを購入してもらうことは、在籍数の確保に繋がりますからありがたい話。また旅行会社にとってみても、安く手に入れられることでさまざまなツアーをプランニングできるというメリットがあります。

しかしながら、さまざまな事情によって航空チケットが余ってしまうケースが出てきてしまいます。こういった場合、返品することも出来ませんから、何もしていないままだと旅行会社が大損をしてしまうことになるのです。

結果として期限内に航空チケットをなるべく安く手に入れたいという消費者のために販売するという対応を取っていて、これが正規料金はもちろん正規割引きチケットのディスカウント率よりも割安で手に入れられる理由になります。

なぜ航空会社のチケットよりも安いのか

同じように販売するのであれば、航空会社が同じ価格まで割引きして行えばてっとり早いのではないかと思われる方もいらっしゃることでしょう。しかしながら、これは行いたくても出来ないルールになっています。

航空会社が航空チケットを販売する価格というのは、実は行政の認可を受ける必要があります。ですから行政の許可を全く受けずに売却したいからと言って低価格で販売することが出来ないわけです。

一方で旅行代理店などの場合には行政の許可を得る必要がないため正規料金よりも随分と安い価格で販売をすることが可能になっています。

仕組みを知っていればどこで購入できるかも分かる

ローコストな航空チケットは航空会社では販売されておらず、旅行代理店などの旅行会社やチケットショップで販売されています。行政の許可を受けないと料金設定ができない航空会社ではそもそも販売することが不可能です。

このようなローコストな航空チケットがどのような仕組みで安くなっているのかを把握できれば、どこで購入できるのかなぜ安く手に入れることが出来るのかを納得することができるわけです。