普通航空券の違い

- 普通航空券の違い

普通航空券の違い

格安航空券と普通の航空券とでは一体なにが違うのでしょうか。国内旅行が大好きで遠い場所へ行きたいと思っている方はもちろん、ビジネスシーンでも経費が削減できるなどのメリットがある格安チケット。ここではローコストチケットと普通チケットの違いについて紹介します。

ディスカウント率がまるで違う

旅割などの正規割引き料金も、通常料金と比較して随分とお得に感じる方は多いのではないでしょうか。しかしながら、ローコスト航空チケットの場合には、ディスカウント率が格段に違っています。

せいぜいディスカウント率は正規割引き料金だったとしても、10パーセントから30パーセント前後とされています。しかしながらローコスト航空チケットの場合であれば、ディスカウント率は50パーセントから70パーセント。

この差は非常に大きいとはいえないでしょうか。なるべく安く航空チケットを手に入れたいという目的なら、断然ローコスト航空チケットを利用すべきでしょう。

機内サービスが違ってくる

LCCを使った場合に限りますが、機内サービスが違ってきます。機内サービスは必然的に限られることになりますし、サービスを受けたい場合には有料になります。

ただし航空会社などの違いによっては、無料で受けられるサービスもありますから、購入前に検討してみるべきでしょう。最初の内は大丈夫でもフライト時間が長い場合には、どうしても欲しくなってしまうのが機内サービスというものです。

安全性に違いはなし

ローコスト航空チケットというと、LCCなどを筆頭にしてどうしても安全面に問題があるのでは?という不安を持たれる方もいらっしゃいます。はっきり言って安全面に変わりはありません。

そもそも安全面に問題があるのであれば、航空会社として認められるはずがありません。ローコストで利用できるからといって安全面に不備があるなどということはないですから、安心しましょう。

どうしても「安かろう悪かろう」という思考が日本人には働くことが多くこういった不安を持つ方がいらっしゃいますが、ただの思いこみでしかありません。

何を重要視するかは人それぞれ

普通航空チケットとローコスト航空チケットの違いは機内サービスやディスカウント率が違うだけで安全性には何ら問題はありません。少しでも安く国内の目的地にたどり着きたいと思っているのあれば、ローコスト航空チケットは非常にありがたい存在と言えるでしょう。

要は何を一番重要視するかによって、その人によっての価値は違ってくるということです。