正規割引きチケットのデメリットを知る

- 正規割引きチケットのデメリットを知る

正規割引きチケットのデメリットを知る

国内の旅行用などに格安航空券を手に入れるメリットは沢山ありますが、そういったものを紹介しても信じられないだとか、イマイチ乗り気にならないって方は多いものではないでしょうか。こういった方向けに正規割引航空チケットのデメリットを紹介していきましょう。

正規のデメリットを知ればメリットが見えてくる

かつて国内のみの利用でも航空チケットは高いというイメージがあったものです。しかし現在ではLCCの誕生を皮切りに非常に安価に航空機を利用することができる時代。

しかし格安航空券の魅力をいくら伝えても信じられないだとか、やっぱり安心できないというような意見を持つ方もいらっしゃいます。こういった方は正規料金のデメリットを知ると、ローコスト航空チケットの魅力に気がつけるはずです。

正規料金や正規割引き料金での利用がどれほどに馬鹿らしいことなのかをしっかりと覚えておきましょう。

キャンセル料が高い

運賃を安くする分、先行予約が必要になる正規割引チケット。安くなるのは魅力的ですが、その分キャンセルとなった場合の手数料は非常に高額に設定されています。

実に購入料金の50パーセントなどはザラです。通常チケットの場合にキャンセルをした場合には、たったの430円しかかからないにも関わらずこれですから、あまりおすすめ出来ないのは言うまでもないでしょう。

運賃が変動してしまう

他にもANAやJAL、SKMなどの大手航空会社は残席連動型という運賃システムを採用しています。その名のとおりで残席が多いか少ないかによって料金が変わるというシステムになります。

つまり人気があるシーズンや日時の便では料金に変動が起こることになる。あまり人気のない路線であり、利用率が低いタイミングでの利用であればローコストで購入をすることができますが、人気が高く座席残数がそこまでないタイミングや人気路線の場合には、そもそもいくら早くチケットを購入したとしても高額なままというケースが珍しくないのです。

リスクを考えると断然にローコスト航空チケットがお得

キャンセル料が高いことやそもそも料金が変動してディスカウント率が悪いといったデメリットが正規割引きチケットを利用するデメリットです。

ローコスト航空チケットのデメリットと被っているところもありますが、ディスカウント率を考えた場合、そこまでのリスクを背負うのであればディスカウント率が断然に安いローコスト航空チケットが上だとは言えないでしょうか。