ビジネスシーンでも使えるのか

- ビジネスシーンでも使えるのか

ビジネスシーンでも使えるのか

格安航空券を利用するとなった場合、基本的に旅行などのプライベートで利用することが多いと思います。しかしながら、格安の航空券をビジネスシーンで使いたいと思っている方も多いのではないでしょうか。ここではビジネスユースすることができるかどうかを紹介します。

そもそもビジネス向けなのか?

ローコストな航空チケットは、電車やバスのそれと比較しても料金は安く、しかも移動速度が早い。日本国内を頻繁に移動するような仕事をしている場合には、是非とも利用したいと思うのは当然でしょう。

しかしながら、日時変更が難しいなどビジネスシーンで利用するには、ちょっと不便とも思えるような弱点があるものです。ビジネスシーンでも使えるかどうかですが結論からいえば、イエスです。

旅行などのプライベート向けと思われがちですが、検討の余地があるでしょう。会社に属している場合には、国内の大手航空会社が設定している正規料金の交通費が会社から支給されることでしょう。

しかしローコストチケットを利用することで、その差額を手にすることだって出来てしまいます。これは非常に大きなメリットとはいえないでしょうか。

エコノミーだけではない

ローコストな航空チケットが旅行などのプライベート用と思われている理由は、エコノミーしかないと思われているからではないでしょうか。ビジネスシーンで使いたくないという理由も、これから仕事だというのにギュウギュウで余裕がない座席で移動したくない。

また出張で仕事をして疲れている中、例え国内の短い移動だったとしても、うんざりとしてしまうものではないでしょうか。実はローコストな航空チケットにはビジネスクラスのものも存在しています。

もちろんエコノミークラスのものよりも料金は割高になってしまいます。しかしながら正規料金や正規割引き料金のそれと比較した場合には、かなり安く済ませることが可能です。

通常のローコストな航空チケット同様で路線などにもよりますが、片道たったの数千円というコストで利用することが出来ますから、ビジネスシーンでも非常にありがたい存在と言えるでしょう。

ローコストチケットはビジネスユーズも可能

このようにローコスト航空チケットは、旅行などのプライベートばかりではなく、ビジネスシーンでも十分に利用することが出来ます。ビジネスクラスなどのチケットもあり、仕事への影響を与えたくないと考えているビジネスマンにはおすすめです。

  ← 前の記事:   次の記事: