飛行機のチケットを格安で手に入れるには?格安航空券を使ったお得な旅行を楽しもう!

- 航空チケットを格安で手に入れる方法は?

新着情報

●2017/11/13
航空チケットを格安で手に入れる方法は?の情報を更新しました。
●2017/11/02
正規割引きチケットのデメリットを知るの情報を更新しました。
●2017/11/02
上手に利用するためのコツを新規投稿しました。
●2017/11/02
安いのはどうして?を新規投稿しました。
●2017/11/02
ビジネスシーンでも使えるのかを新規投稿しました。

航空チケットを格安で手に入れる方法は?

同じ航空機を使って移動をするなら少しでも安く済ませたいと考えるのは当然ですね。その中で注目されているのが格安航空券。ここでは国内の航空交通手段においてローコストで移動をする手段について紹介していきましょう。

割引航空券を使う

現在国内で航空機を使った移動手段を考えた場合、以前よりも選択肢が増えている状況になります。以前からあるANAやJAL、SNAなどの他にも、LCCと言われるSFLやSKM、ピーチやジェットスターといった航空会社が乱立していますね。

こういった航空会社の多くが正規割引航空券のサービスを提供しています。一般的な正規料金での移動を考えた場合にはぐっと低料金で利用することができるわけです。

航空会社によってまちまちですが平均すると、約60日前や70日前など時期を早めてチケットを購入することによりより安く移動することができるというサービスになります。

LCCを使う

一番安く済ませたいといった場合には、やはり安さがウリのLCCを利用する方法が挙げられます。例えば羽田空港から関空への移動で大手の正規料金は2万5800円になります。

前述の正規割引料金を適用した場合には、1万290円。しかしLCCを使った場合3750円で移動することが可能です。正規料金と比較した場合、実に6分の1の料金で移動をすることができるわけですから、かなり大きな差とは言えないでしょうか。

また正規割引料金の場合、なかなかキャンセルや変更が難しくなるのですが、LCCの航空チケットであれば何度でもフライトの日時の変更が可能というのもメリットが高いといえます。

格安チケットを使う

低価格の航空チケットを購入する方法も飛行機を使った移動手段でなるべく安く済ませるための方法になります。チケット代は半額以下になるケースも珍しくありませんから、かなり大きい節約と言えるでしょう。

LCCの場合には座席の狭さや機内サービスがないといったことで、あまりLCCは利用したくないと思っているような方にはおすすめです。前述にあるようにLCCはあくまでも正規料金そのものが安いため、日時の変更を自由自在に行うことが可能です。

逆にこの航空チケットの場合には、航空会社を選ぶことも難しいですし日時の指定をすることもほぼ不可能と言ってもいいでしょう。激安な航空チケットの場合には、何かしらの制限がついていることが多いというのが唯一のデメリットになります。

しかしながら大手航空会社の機内サービスなどは当たり前に受けることができるため、快適な空の旅を楽しみたい。その上で料金を極力抑えたいというのであれば、激安な航空チケットは非常に魅力的な商品といえるででしょう。
LCCでなくともANA予約を早めに行うことで、LCC並に安く利用できる場合があります。

確定要素が高いならローコストチケットがお得

どちらがベターなのかという話になりますが、これは一概にどちらがお得ということが言えません。なぜならばどのくらいの距離を移動するのか。またどのタイミングで利用するのかによっても、料金の変動があったりそもそもチケットが存在しているかどうかも分からないからです。

しかしながら、確実にこの日、この時間に利用することが確定しており、絶対に変更などはしないという確定要素が高い場合であれば、ローコスト航空チケットを購入するとお得と感じられることでしょう。

いくつかの方法はあるけれど…

航空チケットを安く手に入れるための方法はいくつか存在します。その中でベターなのかLCCを利用するか、ローコスト航空チケットを利用するかのどちらか。

どちらにもメリットとデメリットが存在していますが、どちらがお得と感じるかはそれぞれの方によって違って当然です。利用する日時が確定し、絶対に変更がないと思われる場合であれば、格安チケットの方がお得感を感じられる可能性が高いですからおすすめです。